大切な品々をひとつひとつ丁寧に 遺品整理

不用品回収は業者の見極めが大切

散歩をしている夫婦

以前勤めていた会社の社長が急死しました。その勤めていた会社は倒産寸前で、というか倒産するお金もないほどのところまで追い込まれていました。デザイン事務所ということもあり、大量のデザインの本や資料、大型のプリンター、数台のデスクトップパソコンがあり、それを全て社長宅に持って行きました。豆な性格でない社長は半年経った今でも、それらが整理できていなく、部屋はひっちゃかめっちゃかでした。
そんな状況で社長が急死し、不用品回収をすることになり、素人ではどうにもなりませんでした。まず大型プリンターですが、オフィスを閉じる時に業者の方が3人がかりで運び出したし、大量のデザイン本はダンボール30個に分けてなんとか詰めたものです。捨てようにもお金がかかってしょうがないので業者にお願いしました。面倒だったのですが、いくつかの不用品回収業者に見積もりを依頼しました。そこでわかったのが、一番高いところと安いところで倍くらい金額が違いました。どうせ捨てるものだしと、一番安いところに依頼しました。ところが業者の作業効率が悪く、搬出が進まず、予定時間内に終わりませんでした。その日中に搬出を終えなければならないのに終わらず、作業の延長費用を請求されたり、部屋代日割り計算で請求されたりと結局は中間の業者と変わらない料金でした。
不用品回収は金額は多少上がっても大手のちゃんとした作業員が来てくれるところに依頼したらよかったなと思いました。

NEW POSTS

不用品は複数社から見積りを出してもらって比較する

夫婦

不用品の手続きを業者に任せる場合は、選別で困惑してしまうケースがたまにあります。なぜなら、業者の数が比較的多いからです。あまり数が…

READMORE

不用品回収の見積り時には業者の対応を確認

遺品

不用品回収を行うとなると、業者による対応が重要になってきます。現に多くの方々は、それを重視している事が口コミから読み取れるのです。…

READMORE

不用品回収は業者の見極めが大切

散歩をしている夫婦

以前勤めていた会社の社長が急死しました。その勤めていた会社は倒産寸前で、というか倒産するお金もないほどのところまで追い込まれていま…

READMORE

不用品回収業者を選ぶ時の注意

手をつなぐ

不用品回収をしたいと思っても、場合によっては自力で全てはできないという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場合…

READMORE